ただでさえ混んでいる銀行の窓口。そんな時お願いするのを躊躇してしまうある事がありますのでそれについて書きます。

知りたい職業 銀行窓口の仕事について

Pagelist
知りたい職業 銀行窓口の仕事について

銀行の窓口に遠慮してしまいます

銀行の窓口には「混雑予想カレンダー」と呼ばれるものが時々設置してあります。月曜日、金曜日、連休前、等が予想されますが、あとは給料日前とか、月末になるのでしょう。お客様に対して長い時間待たせてしまって申し訳ありません、という意味の他に、急ぎでなければできればこの日を避けて来店した方がいいでしょう・・の意味があるのだと思います。私もATMでは用が足りず窓口に用事がある時はなんとなくその日を避けていくようにしているのですがそれでもやはり混んでいる事が多いのです。

どうしようかな・・と実際用を足さず家に帰ってしまう時もあるほどに遠慮してしまう事があります。それは小銭での入金の時です。数枚なら全く問題ないのですが例えば「小銭貯金箱」などがたくさんになって預け入れなどをしたい時その枚数はかなりあるのです。数年前に預け入れをした時に「金種毎に枚数を伝票に書いて下さい」と少し嫌そうな顔をされ言われた時は念のため家で数えていったメモがあったので良かったのですが・・お札ならわかるのですが数百枚にわたる硬貨をこのご時世にまさか確認して計算する銀行側は手作業?実際は機械で計測していたようですがなんとなくこれを機会に窓口から遠のいてしまった私でした。数年後また硬貨が預けるくらい貯まってしまい他銀行へ預けに行くことにしました。「合計額は調べましたが金種内訳はして来ませんでした。」そういう私に笑顔で「全く問題ないですよ」という対応をしてくれた好印象の他銀行でした。作業も早くあっという間。その銀行の設備、体制によって違いがでるのだと感じましたので次回からはこの銀行を利用しようと考えました。