銀行の窓口で勧められて積立の契約をしたら、私にとって高額な20万円のお金を貯めることができました。

知りたい職業 銀行窓口の仕事について

Pagelist
知りたい職業 銀行窓口の仕事について

銀行の窓口で積立の契約をしたこと

通帳の繰越のために銀行の窓口へ行った際にあったことです。当時の私の通帳には、毎月8万〜10万円くらいのアルバイト料が入っていました。そこから携帯電話代とクレジットカード代が引いてある以外には、とくに使い道もなかったのですが、どうしてもお洋服や化粧品などをちょこちょこ使ってしまい、いまいちお金を貯められずにいました。銀行の窓口の行員さんから、積立を始めてはどうかと提案してもらいました。積立というのは、自分がその時使っていた普通預金の通帳から、毎月決まった額を自動引落で積立の通帳に入金されること。もし、残高がない場合は、引き落としはされず、またその翌月には同じ額の引き落としになること。そして、もしお金に余裕のある月は、ATMから直接自由な金額を入金して貯めておくことができるということでした。

毎月高額の引き落としにしてしまうことに自信のなかった私は、5000円からはじめて見ることにしました。私はその場で積立の契約をして新しい積立の通帳をもらって帰りました。少し初めて見ると、私にとって毎月5000円は無理のある金額ではなかったので、引き落としの金額の他に、余裕のあるときにどんどん入金していくと、1年半くらいで20万円も貯めることができました。初めてそんなにたくさん貯めることができたのでとても達成感がありました。銀行の行員の方が勧めてくれなかったら、そこまで頑張れることもなく、ただ単にお金を使ってしまっていたかもしれません。その時の窓口の女性のことは今でも忘れられず感謝しています。